様々なリスクが少ない賃貸経営|秘密を知れば恐れる事は皆無です

貯金箱と紙幣

把握するための3つの方法

詳細な資金計画を立てるためには、家賃相場を知ることが重要です。家賃相場は、インターネットで調べる、地域の不動産会社に質問をする、不動産投資会社に教えてもらうことで把握できます。また、不動産投資会社が信頼できるかは、提示される家賃相場で判断することも可能です。

マンションの模型

現実的な家賃設定を

表面利回りを判断するためには、家賃相場を把握することが重要です。家賃相場とかけ離れた年間家賃収入を見込んでいては、高い表面利回りは非現実的となってしまいます。不動産投資を行なう際には、必ず家賃相場に沿った年間家賃収入を設定しましょう。

近年、注目の不動産投資

硬貨と貯金箱

リスクが少なく合理的

近年、アパート経営、マンション経営に注目が集まっています。なぜなら、アパート、マンションの賃貸経営はリスクが少なく、且つ、非常に合理的な不動産投資だからです。もし、1つしか収益物件を所有していなかったら、借主がいない場合は未収入となります。もちろん、アパートでもマンションでも借主がいない状況は想定できます。ただ、すべての部屋の借主がいないという状況は考えにくいので、アパート、マンションの賃貸経営は、少なくとも未収入のリスクは回避できます。未収入のリスクは収入物件を、いくつも個々に所有することでも回避できます。しかし、個々に物件を探し、購入することは大変ですし、所有後は管理が大変です。その点、アパート、マンションを丸々1棟所有というのは、物件探しも購入も管理も恐れる事は皆無です。

問題は解決可能

但し、アパート、マンションの賃貸経営にも問題はあります。まずは、購入資金が問題です。アパートでもマンションでも丸々1棟購入するとなれば、多額の資金を必要とします。ただ、ローンを利用できますから、多額の資金を全額、事前に用意する必要はないのです。もちろん、事前に用意する資金が多い方が楽ですが、一般的には販売価格の2割資金を用意できれば、成り立つと言われています。素人が賃貸経営できるのかというのも問題です。実際、素人には困難でしょうが、賃貸経営をサポートしてくれる会社があります。その会社と契約を結べば、入居者募集や管理といった賃貸経営の実務はもとより、物件選びの段階からサポートしてくれますので素人でも大丈夫です。

ガッツポーズの男性

手間の要らない賃貸経営

サブリースとは転貸制度を利用した賃貸経営の手法で、オーナーと入居者の間に不動産管理会社が入って入居者の募集や管理業務を代行するというものです。加えて、毎月一定額の家賃収入が保証されることで、空き室の発生による収益悪化のリスクを低減させることが可能になります。