クオリティー高い作品はプロの映像制作会社に依頼

クオリティー高い作品はプロの映像制作会社に依頼

PCを操作する人

人々の目を惹きつける動画に仕上げるには

今や動画によるプロモーションやプレゼンテーションは、ビジネスの現場では当たり前のものとなっています。人々の目を惹きつけて心を鷲掴みにする動画を制作するには、小手先のテクニックに頼るのではなく、目的とコンセプトの2つがしっかりしている必要があります。とはいえ最初は何から手を付けて良いのか分からず、目的やコンセプトの絞り込みも難しいものです。そこで映像制作のプロの出番です。プロは発注主の意向をくみ取り、目的やコンセプトを明確にしていくことから、制作作業に着手します。ここが、魅力的かつ効果的な動画作成の一番重要なところです。

オフィス

始めに予算を決めておこう

動画制作は、その作業の難易度・複雑さの度合いによって、制作費用が大きく変化します。動画を撮影して、必要部分だけの切り出しと連結だけであれば、ビデオカメラマンの撮影費用と最低限の編集費用で映像が出来上がります。しかし、タイトルや著作権保有者の表示など、どうしても撮影動画だけでは映像制作が簡潔しないことが多いです。どこまで凝ったタイトルや情報表示を行うかによって、映像制作の費用は変わります。制作を始めてから欲が出てよりよりものを作りたいからと、様々な作業を追加すると、制作費用は無制限に膨らんでしまいます。ですから、まず最初に予算を決めておくことは重要です。作業の追加については、ある程度までは支出、ある程度以上は支出しない、という枠組みづくりが大切です。

パソコンを操作する人

実写からアニメーションまで様々

映像制作の中では、実写からアニメーションまで、様々な動画素材が使用されます。商品の外観や動きの紹介や企業紹介などでは実写が必須ですし、インタビューも実写が必要です。一方、商品の詳細な機能説明や、無形のサービスの解説には、アニメーションが有効です。そして、動画素材が揃ったところで、それぞれを繋げるタイミングで簡易なエフェクトを挟むことは一般的です。これも、CGを使った高度なエフェクトになると費用が嵩みますが、既成のCG素材を上手く組み合わせて、動画そのものを改変せずに繋ぎ方だけで変化を付けるという方法を使えば、費用を抑えて、かつ、見た目にインパクトのある動画が制作できます。

婦人

専属の動画ディレクターがいれば安心

動画ディレクターは、映像制作の企画のほか、動画の編集から、動画の制作(アニメーション、CGなどの場合)、撮影取材の手配と実施について、指揮をとり、場合によっては自らその作業を行い、最後に仕上がった映像のチェックまでを行います。動画ディレクターの存在は、企画段階から一貫した視点で映像制作の進行管理を行う人がいることで、制作をスムーズかつ効率的に進めるためには必須であると言えます。ただ、動画ディレクターはニーズが多く、慢性的な人材不足となっています。このため、場合によっては映像制作会社に動画ディレクターが不在で、外部から動画ディレクターを招聘する場合もあります。外部の動画ディレクターがどうしても悪いということはありません。でも、映像制作会社に専属のディレクターがいると、映像制作の各段階の社内でのルールや流れをよく把握していますので、大変に心強く、映像の制作進行がスムーズに進むことが多いので安心です。

映像制作を依頼してから完成するまでの流れ

まず映像制作会社によるヒアリングと、コンセプトの明確化

映像制作では、まず最初に、映像制作会社と発注主との打ち合わせによって、発注主のニーズと課題を明らかにしていきます。映像制作の目的、映像のターゲットの明確化、映像をどうやって活用するのか(ディスプレイ広告、Web、TV放送、DVDコンテンツとして配布、など)、どうしても譲れない線としての予算などを整理します。そして、それらの条件について発注主から提示を受けた上で、映像制作会社は、発注主と意見交換をしつつ、どのようなコンセプトの映像を制作するのかを明確にして、どのような映像を制作するのか提案をします。提案は、企画書という形で映像制作会社から発注主に提示されます。同時に、費用見積もりも提示されることが多いです。
この工程は後の映像制作の全てに影響しますので、必要十分な時間とマンパワーを割り当てておく必要があります。

見積もりの精査

映像制作に必要な費用は、多岐に渡ります。最初に、まず企画制作にかかる費用があります。
次に、撮影費用(機材やカメラマンの人件費だけでなく、スタジオやロケハン、アシスタントの人件費等の費用も含む)がかかります。役者を使用する場合には出演料のほか、スタイリストやメイキングスタッフの費用、大道具小道具などの美術費用もかかります。撮影は、今は家庭用ビデオカメラでもそれなりの画像が撮影出来るように思われがちですが、プロ用のビデオカメラはレンズや各部品の精度が高く、特に光の少ない暗い場面で画質に決定的な差が現れます。
編集費用は、どの程度高度な編集を行うかによって変わります。高度なエフェクトを使った編集などは、費用が嵩みます。
素材にかかる費用も必要です。音楽や音響効果、ナレーション、アニメーションやイラストが必要な場合には、それらの費用がかかります。
以上の各要素について、本当にそれらの要素が必要かどうかも含めて、見積もりを精査します。
最後に、納品にかかる費用を検討します。DVDを作成する場合でも、大量配布を行うのか、それとも少数のディスクを使って広告映像を公共の場で流すのかといった違いがあります。TV放映であれば放映費用、屋外広告の場合であれば期間や時間によって変わる掲載費用がかかります。
映像を効果的に活用するにはどのような納品形態が適切か、見積書を見ながら再度よく検討します。

発注から企画、撮影、素材収集

いよいよ発注です。受注後に映像制作会社が最初に行うのは、台本制作を中心とする企画設計です。コンセプトに基づいた映像を、コンテや台本に落とし込みます。
続いて、コンテや台本に基づいて撮影や素材収集を行います。
撮影は、通常は撮影前にロケハンを行い、入念な準備の後に撮影を始めます。人物撮影が必須となる場合には、モデル、役者を手配します。インタビューの場合には、インタビューを受ける人のスケジュール調整や、インタビューを行う場所の準備が必要です。撮影には発注者が立ち会い、撮影が意図通りに行われているかどうかをチェックすることが通例です。
素材収集は、映像と組み合わせて使う音楽やアニメーション、イラストなどを揃えます。これらはオリジナリティにこだわる場合にはゼロから書き起こすことになりますが、品質の高い素材集もありますので、予算によっては素材集を活用することもあります。テロップが必要な場合にはテキスト原稿も必須となります。

編集と試写、修正作業

撮影した動画素材や、収集した各種素材が揃ったら、編集スタジオで編集作業にかかります。一般的には映像編集用のワークステーションでの作業となります。
編集が済んだら、発注主とともに試写映像をチェックします。コンセプト通りの映像になっているかどうか、固有名詞やテキストに誤りはないか、などをチェックします。
試写の段階で気づいた修正点、変更点は、再度編集スタジオで編集作業を行います。
まれではありますが、どうしても必要な追加素材を手配し、編集作業で組み込むこともあります。
試写には時間がかかりますので大変な作業になりますが、仕上がりに直接影響するので、十分な時間をとって、しっかりとチェックを行うことが重要です。

納品

映像編集と試写を繰り返して、納得のいく仕上がりが得られたら、いよいよ納品です。
映像を使用するシーンに応じて、DVD、Blu-rayディスク、放送用テープ、ウェブ用フォーマットのデータなどの形態で納品します。
DVDやBlu-rayディスクは、数枚程度であればワークステーションからデータをDVD-RやBlu-rayディスクに書き出すことで済みますが、概ね数十枚以上の制作・配布の場合には、プレス工場にマスターデータを送って、読み込み専用ディスクにプレスしてもらう方が、1枚あたりの単価が安くなります。

広告募集中