様々なリスクが少ない賃貸経営|秘密を知れば恐れる事は皆無です

手間の要らない賃貸経営

ガッツポーズの男性

新しい不動産投資の手法

アパートやマンションなどの賃貸住宅を利用する場合、通常はオーナーと入居者の間で賃貸借契約が取り交わされ、それによって家賃の支払い等の債権債務関係が発生するというのが一般的なイメージです。その一方で、入居者がオーナーではなく不動産管理会社と契約を結ぶタイプの物件も最近では増加しています。こうした賃貸住宅の運営方式をサブリースといいます。現在、このサブリース方式は不動産投資の一手法として大きな注目を集めています。というのもこの方式は、導入することでオーナーの事務負担を軽減したり、収益を安定化させたりすることができるというメリットがあるからです。そのため、新規に賃貸経営を始める人を中心に人気を集めているのです。

空き室の心配から解放

サブリースの基本的な運営スタイルは、管理会社がオーナーから物件を借り上げ、それを入居者に転貸するというものです。つまりオーナーと管理会社、管理会社と入居者の間にそれぞれ別個の賃貸借契約が成立するわけです。この時、管理会社はオーナーに対して3つの保証を行います。1つめは、入居者については管理会社が責任を持って確保するというものです。2つめは、清掃や修繕といった日常的な管理業務はすべて管理会社が手配するというものです。そして3つめは、実際に物件が入居者で埋まっているか否かに関係なく、満室分の家賃のうちの一定額を支払うというものです。つまりオーナーにとっては、サブリースを利用することによって入居者の募集や家賃の収納を自ら行わなくても毎月一定の収入が保証されることになるわけです。また、こまごまとした管理業務からも解放されることになります。